看護師/主任:中山 直美

「安心した生活を送れるよう、他部署と常に連携をとっています」

配属:特別養護老人ホームあかつき苑

●当施設を志望した動機や入職を決めた理由は何ですか?


2013年末に関西から東京に上京し、当初は病院への就職を考えていました。江東区の病院紹介イベントに参加した際に、今のメディカルケアタウン東大島の話を聞き、地方の言葉で話されているところに親近感を感じたこと、住まいから歩いて約5分のところ、2014年4月開設予定と聞き、この特養で働いてみようと思ったのがきっかけです。


●入居者様の健康管理をするのは大変な仕事かと思いますが、仕事の中でどのようなところに気を付けていますか?

100人の利用者様の把握は、正直厳しいです。日々変化する高齢者の方々なので、介護士の「いつもと違う」という報告で、アセスメントをしています。介護士は24時間利用者様のケアをしているので、一番変化に気づいてくれます。その「いつもと違う」という報告に応えて私たちがサポートし、他部署と連携をとって安心した生活を送れるよう、気を付けています。また、毎日のライフスタイルに変化がないか、受け持ちの利用者様を日々チェックし、早期にクリニックと連携をとることも心がけています。

●日々、仕事をしている中で印象に残っているエピソードを教えてください。


利用者様は、8割方認知症の疾患を患っておられます。
毎日声をかけRO(リオリティーオリエンテーション)をすることで、カレンダーを見て今日が何月何日何曜日かを意識するようになり、私が来ると答えてくれることですね。
また、当苑でも看取りを行っています。最期にご家族様からの感謝の言葉、利用者様の安心した表情にいつも泣けてしまいます。「終の棲家があかつき苑で良かった」との言葉に、私自身も感謝です。

●入職を検討している方へ一言

大きな特養ですが、日々さまざまな職種のスタッフが頑張って働いています。認知症の利用者様がほとんどですが、いろんな表情を不意に表現してくれるところが愛らしいです。
利用者様の人生の、最期の一部分を、ご家族様と一緒に支えていきましょう。
たくさん話しかけてください。不安を安心に変えてあげてください。介護に不安やブランクがある方でも、まったく経験がなくてもみんなスタッフが支えます。
見学だけでも良いので、あかつき苑に足を運んでください。
待ってるでー!!