理学療法士/リーダー:小島 有三

「その人がその人らしく」を実践

配属:あかねデイケアセンター


●通所リハビリテーションと通所介護の違いとは

通所リハビリテーション(デイケア)は日帰りで施設に通いリハビリテーションやレクリエーションを行うことで身体機能の維持、回復を図るサービスです。
主治医の指示を受けてから専門職である理学療法士、作業療法士、言語聴覚士がリハビリテーションを実施し、身体機能の維持や回復を図ることが主目的のサービスです。
一方通所介護は「介護」とありますように、食事や入浴などの日常生活上の介助することが主に行われ、レクレーション等を通じて生きがいを見つけたりする手助けを行ったりもします。
もちろんデイケアでも食事や入浴などの日常生活上の支援等も行います。
 

●通所リハビリと病院でのリハビリの違いとは

あくまで個人的な意見ですが、デイケアでのリハビリは目標期間はありますが病院と違い期限はありません。
デイケアは利用者様との付き合いが長く、利用者様とそのご家族の生活の一部を在宅におられる限り継続的に手助けしていきます。
利用者様やそのご家族の生活を想定し、「その人がその人らしく」生活すると同時に、そのご家族の方々の負担を少しでも軽くしていくことを目標にリハビリを行っていきます。

●これから入るキャストの方に一言

デイケアは日々さまざまな方が通所されています。デイケアは病院とはまた異なった「その人がその人らしく」を実践していくところです。
困難な事も多いですが、非常にやりがいのある仕事だと日々感じています。
まだまだ若く未熟な施設ではありますが、共に盛り立ててくださる方の入職をお待ちしております。